住宅ローン借り換えの絶好のタイミングは?

住宅ローン見直しの為に繰り上げ返済や住宅ローン乗り換えをする事は、毎月の返済額が減額されたり、金利が減額されたりと、メリットとなる事が沢山あります。現在の日本の金利は類をみないほど安く、住宅ローン乗り換えをするなら今が絶好のタイミングです。
しかし、住宅ローン乗り換えをするにあたって注意しておきたい事があります。それは、住宅ローン乗り換えをするという事は、住宅ローンを新たに組み直すと言う事です。住宅ローンを組みなおすと言う事は、1からまた住宅ローンが開始されると言う事になります。その為、借入するための様々な諸費用や、手続き、また、融資が受けられるかどうかの審査が必要となってきます。住宅ローン乗り換えにかかる諸経費として、抵当権抹消及び抵当権設定費用、登記費用、保証料、印紙代、そして取り扱い手数料が発生します。これらの諸費用と新たな返済額を合わせると、元々の総返済額となんら変わらないという場合は、住宅ローン乗り換えを断念し、完済まで現状維持とした方が、効率が良いと考えられます。

仮にこの状態で住宅ローン乗り換えをした場合、手続きや審査を行う手間がかかってしまいますので、その余力があるならば、少しでも繰り上げ返済をした方が、合理的です。しかし、住宅ローンを組んでから期間がまだ浅い場合は、ぜひ住宅ローンを見直し、住宅ローン乗り換えを行った方が、長期的に見て、総返済額を抑える事が出来ます。住宅ローンは融資額も大きい事から1%上がるだけでもかなり負担率は上がります。仮に3000万円借り入れした場合、金利1%でも年間30万の利息が発生します。年間30万円はかなり大きい金額です。普通のサラリーマンの1カ月の手取り分位はありますから、1年間で1カ月分の収入を住宅ローンに持っていかれる事になります。それを長期的に見たら10年では300万円、30年では900万円です。(これは元利均等返済の場合です。)その事を踏まえて考えますと、住宅ローン見直しは早ければ早いほど、検討することが望ましいと言えます。

始めから、低金利で融資を受けている人にとっては、特別問題とする事ではありませんが、他に金利が安い住宅ローン商品があるのであれば、住宅ローン乗り換えをして少しでも毎月の返済額を減らし、家計の負担を軽減させる事が、将来設計を立てる上で有効的である事だと言えます。将来余裕を持って老後生活を送れるように、若いうちからしっかりとした人生設計を立てましょう。

 

住宅ローン借り換えのメリットとデメリットは?

住宅ローン借り換えをするにあたり様々な手続きが必要です。

例としては抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関次第では自分で選択することもできます。

借り換えを行う方は司法書士の知り合いがいないことが多いので金融機関側が指定する司法書士が行うことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは金融機関へ確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

家計の悩みになりがちな住宅ローンの返済ですが現在組んでいるローンの金利よりも低いローンが変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、低金利という部分だけを理由に変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは他のローン借り換えとは違い登記などの諸費用が必要になりますので、かかる費用も計算したら変えるほどのメリットがない場合もあります。

各ローンページにあるシミュレーションでメリットがあるかを確認してから行いましょう。

借り換えを行うのによいタイミングとして言われているのが、借り換えで得する金額が月収以上になった時です。

住宅ローンを組む際に必ず利用したい住宅ローン控除ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件次第で利用できます。

しかし、この制度を活用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、必要書類が多いので直前から準備を始めずに余裕を持って始めましょう。

借り換え時でも継続できる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという点です。

基本的に私たちが借り換えを行う理由としては借金を返すことが目的ではなく金利を見直すためなので状況が大きく変わっていなければ適用可能なことが多いです。

住宅ローンを組む際に固定金利のフラット35を利用した方の中には全期間固定金利だから完済まで放置するものという認識があるようです。

実は平成21年から借り換え融資プランができて住宅ローン借り換えをフラット35からフラット35へ行うことができ、お得になるんです。

基本的には金利差が0.3%あればメリットを受けられます。

よく借り換えで説明されているのが固定金利から低金利な変動金利に換えるというケースです。

基本的には変動金利の方が1%から2%低く設定されているので一見お得に見えますが、借り換えメリットと同時に金利上昇リスクも出てきます。

しかしこの場合では、金利変動リスクはありません。

毎月のローンの支払額や総支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行うことがあります。

参考:住宅ローン借り換えランキング!低金利おすすめ銀行は?

では、その場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

旧公庫ローンで融資を受けている場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ変更する際は他の保険に加入することもできます。

もし、そのまま継続するのなら保険金の見直しもしておきましょう。

なぜかというと火災保険は契約した後は保険金額が適切な金額になっている必要があります。

内容を見直すのもいいのではないでしょうか。

皆さんは住宅ローンを組んだ際に頭金を支払いましたか?中には、頭金を支払わなかった人もいるかもしれませんがそうすると月々の返済額が高くなります。

そういったときに返済額を減らそうと住宅ローン借り換えを検討すると思います。

稀に、「1度ローンを組めたから借り換えも大丈夫」と思っているようですが場合によっては審査に落ちることもあります。

一例として、転職をして年収や職場が変わった場合や物件の担保評価額が下がってしまって予定していた金額で借入れできないことや住宅ローンの返済を滞納したことがある場合です。

年収や職場に変更がなくてもこういった面で引っかかることがあります。

憧れのマイホームを購入する際には多くの人が住宅ローンを利用します。

でも、毎月の返済が生活が大変という方もいるのではないでしょうか。

そんな時に考えるのが住宅ローン借り換えです。

ただ借り換えのメリットを受けたいということを考えると当然、今のローンよりも金利が低くなる必要があります。

その際のメリットの計算方法については各銀行でシミュレーションを用意しているのでどこがお得になるか参考にしてください。

その際に気をつけることとして、シミュレーションを使って20万円くらい利息が減ったから借り換えようと思うと登記などの経費が発生してあまり得にならなかったということもあります。

住宅ローンを初めて利用する際によく聞かれるのが「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば出来ます。

しかし銀行は年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫します。

当然ですが、自動車ローンを毎月ちゃんと返済していないと他のローンの借入はできなくなるので気をつけてください。

これは住宅ローン借り換えの審査でも重要なポイントです。

稀に、不動産業者側から現在残っている自動車ローンを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意が必要です。

住宅ローンを検討する際に重要なことがあります。

例えば、繰り上げ返済が手軽で無料なことです。

その理由としては繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息もガンガン減っていきます。

結果として支払期間が低くなったり、支払期間が短くなります。

そのため、繰上げ返済手続きをネットで行えることや繰上げ返済額が一円以上なのか1万円以上からなのかを確認して選びましょう。

最も気をつけたいのが、繰上げ返済のしすぎで家計が圧迫してしまうのは本末転倒なので余裕を持って行うようにしましょう。

住宅ローン借り換えを行うときも重要なポイントとされています。

住宅ローン借り換えとは、借り換え先の銀行Bからお金を借りて、現在借入中の銀行Aに完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入中の銀行機関の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても大丈夫です。

ただ、借り換えを行う理由はなにかしらのメリットがあるから行うわけです。

その理由としては、借り換えメリットがあるから行うのででは、どんな時期に借り換えをするのがベストなのでしょうか。

答えとしてはベストな時期は誰にもわかりません。

そのため、借り換えのタイミングとよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。